今日のレストラン | GVBDO ブログ 緑の日記 G.V.BLACK DENTAL OFFICE
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
ブログ村
Search this site


アメリカンスーパーデンティストNorman Yamazaki, DDS.が綴る飛騨高山の日々。
GVBDO 子供には親の仕事を継がせるのが子供のためなのかもしれないという考え G.V.BLACK DENTAL OFFICE

バルの春パスタ Leica D-lux7

 

今年の入試も一段落したようで

 

G.V.BLACK DENTAL OFFICEにも

 

全国から結果報告が来ています。

 

日本の場合、自分の将来を見過ごして大学を選ぶ

 

という本来の目的からばずれて

 

とにかく有名校に入学すればなんとかなる

 

という入試ビジネス指導の流れに

 

8割くらいの受験生は乗っているので

 

大学に入ったもののぼーっとして4年が過ぎ

 

なんとなく一流企業には入ったものの

 

自分のやりたいことではないと

 

退職して自分探しの旅に出る

 

という人が増えていると

 

教育委員会の課長が言っていましたが

 

幼い頃から

 

自分のなりたいものになりなさい

 

という教育は一見子供に優しい教育と

 

思われるかもしれませんが

 

実は親が責任を放棄し

 

子供に負担を強いる教育で

 

子供の将来も親の将来も国の将来も

 

何も考えていない亡国の思想だと言ったのは

 

ノーベル賞のあの人なのですが

 

ということになると

 

今の日本はまさに亡国真っ最中なのかもしれません。

 

それが嫌な人は

 

あなたが親から引き継いた個人事業主なら特に

 

子供は自分の後継として育てるべきであり

 

従って

 

大学もそれに準じた大学に行かせるべきであり

 

その大学の多くは

 

マスコミで持ち上げられている大学ではなく

 

家業の中で生きて手伝いをしながら勉強し

 

それで十分入学できる大学であるはずですから

 

子供はのびのび親が育てるというのが

 

山崎先生がアメリカで13年間

 

大学生活を送り3つの学位を取得して

 

やっとわかったことなのですが

 

スピ系のあなたは

 

毎日子育てをしながら

 

なんとなくもうわかっているかもしれませんね。

 

JUGEMテーマ:スピリッチュアル

 

 

 

 

 

 

 

| 今日のレストラン | 12:00 | comments(0) |
GVBDO 高校野球の改革はまず投球回数ルールと補強選手制度の確立から始めよう G.V.BLACK DENTAL OFFICE

バルフォーレのカプチーノ Leica D-lux7

 

飛騨高山は根尾昴(あきら)ブームで野球一色ですが

 

高校野球について提案があります。

 

大リーグに行った大谷選手が1年目で肘の手術をしましたが

 

これは軟骨の磨耗が原因であり

 

すでにプロの整形外科医は野球選手の軟骨の

 

磨耗に至るまでの投球数をは把握しているそうで

 

それは実際に山崎先生が卒業した

 

インディアナ大学メディカルセンターでも

 

専門の医師がいてあるときゴルフを一緒にしたとき

 

詳しい話を聞いたのですが

 

もう20年以上前の話なので詳しいことは覚えていませんが

 

大リーグレベルでは

 

1日100球が限界で1週間くらい休息して5年投げられれば良い方

 

ということだけは覚えています。

 

ただし、大リーグに入り前にどれだけ酷使されたかで

 

この5年は1年にも及ばないこともある

 

ということなので大谷選手は相当酷使されていた

 

ということがわかります。

 

日本の高校野球は200球を毎日5日も投げ続けるそうなので

 

まさに酷使であり選手生命どころか体が壊れてしまわないかと

 

心配して予防策を立てるのが指導者のすることだと思うのですが

 

高野連という組織にはそんな考えはないようです。

 

1チームに投手ができる選手は何人もいない

 

というのが理由だそうですが

 

多くの高校野球は楽しみで野球をしている人が90%くらいだそうですから

 

県大会の1回戦で負けるようなチームは

 

ピッチャーの投球回数は1日3回もしくは100球まで。

 

一度投げた者は中5日経たないと再登板できない

 

というルールができても

 

ピッチャーをやりたくても自分より上手い奴がいるので

 

外野をしているというような者には朗報で

 

9人全員がピッチャーをやれるとなれば

 

このルールを喜ぶ球児は多いはずです。


また、1チーム20人登録可能としておき

 

選手が20名以下のチームは補強選手として

 

県大会の途中で負けたチームから補強選手を選べる

 

としておけば

 

優秀な投手がいれば負けても勝っても

 

5日毎に登板できるのですから

 

プロのスカウトもじっくりと吟味できるわけです。

 

そして補強選手システムは都市対抗野球でもあるので

 

高校野球の出場校は地元の代表だというのであれば

 

1つの高校ではなくその地域の優秀な選手が集結できる

 

補強選手システムは重要です。

 

ユニフォームは当然自分の高校の名前のユニフォームで出るので

 

一般には知られていない地域の名門校などの情報も得らるし

 

地域の絆が強くなるので応援にも熱が入るでしょう。

 

以上が世間を知らない山崎先生が高野連の会長なら

 

したいことです。

 

飛騨高山は昨夜から雪でスキー場は大喜びしています。

 

ということで今日も頑張ろう!

 

JUGEMテーマ:高校野球

| 今日のレストラン | 15:07 | comments(0) |
GVBDO スピ系的なゴーンさんの今後 G.V.BLACK DENTAL OFFICE

Cocosのステーキ Leica D-lux7

 

ゴーンさんが保釈になりましたが

 

弁護士が弘中さんに変わった途端の出来事で

 

妙な感じになったスピ系の人は多いはずです。

 

ロス疑惑では弘中さんのおかげで無罪になった三浦さんが

 

ロスの刑務所で不審死を遂げたことがフラッシュバック

 

するからです。

 

エイズ疑惑のあの老人も裁判中に死んでしまったし

 

何か引っかかるのですね。

 

弘中さんの手法は事件の核心をついて無罪にする

 

というものではなく

 

検察の不備をついて証拠を無効にして無罪にする

 

という感じのものですから

 

素人受けはしないのですが

 

一体何十年の刑期になるのかわからない

 

ゴーンさんにとっては最後の切り札には

 

間違いはないのでしょう。

 

フランスでも献金を受けていた政治家は

 

ゴーンさんに冷たくなっているそうなので

 

日産のお金をフランスの政治家に

 

流せなくなったゴーンさんは

 

5年後に無罪になっても

 

もう安住の地はないのかもしれません。

 

天網恢々疎にして漏らさず。

 

今日は東京から二人治療にいらっしゃいます。

 

ということで今日も頑張ろう!

 

JUGEMテーマ:スピリッチュアル

| 今日のレストラン | 10:22 | comments(0) |