安倍ちゃんはDSの出ですが、アメリカに行きトランプ暗殺計画には2度と参加しないことを誓って帰朝することが、佐伯耕三流に言う、日本の国益を守る一丁目一番。 | 緑の日記 Leica365
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
検索
このブログ内の検索
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site


日本にただ一人のアメリカンスーパーデンティストNorman Yamazaki, DDS.が綴るスピ系飛騨高山の日々。
<< 慶應大学歯学部が出来たらヤマザキ先生が臨床プログラムを作り、全員に修復治療と歯列矯正治療をマスターさせて送り出す、そんな歯学部にしたいと思います。 | TOP | ブルーインパルスが東京都上空を飛行する、というアイデアは間違いなく佐伯耕三くんが考えた、と思う人はなかなかわかっている感じ >>
安倍ちゃんはDSの出ですが、アメリカに行きトランプ暗殺計画には2度と参加しないことを誓って帰朝することが、佐伯耕三流に言う、日本の国益を守る一丁目一番。

gvbdo

 

G.V. BLACK DENTAL OFFICEの菖蒲 Lumix GX7mk2+Summilux 15mm  F1.7

 

歯科ユニットの販売、修理、お悩み解決は

 

 

gvbdo

↑↑↑info Click↑↑↑

 

(注意)ヤマザキ先生は田舎暮らしが長すぎて

 

妄想ばかり書いているので本気にしてはダメ!

 

晴れの高山です。

 

高山市内は10万円の給付金が行き渡り

 

丸明の飛騨牛の特売は大混乱になっていたそうです。

 

こんなニュースがありました。

 

*****

首相、訪米意向を伝達

サミット開催なら出席、外遊再開

©一般社団法人共同通信社

安倍晋三首相、トランプ米大統領(ゲッティ=共同)

 安倍晋三首相は、米政府が6月に首都ワシントン近郊で開催を目指す先進7カ国首脳会議(G7サミット)に参加する意向を米側に伝達した。  

 

日米外交筋が23日、明らかにした。

 

トランプ米大統領との首脳会談も検討している。新型コロナウイルスの感染拡大で1月中旬から中断している外遊を再開させ、感染終息に向けた国際連携を主導したい考えだ。

 

 今年のG7議長国は米国が務める。6月中旬から下旬に開催する方向で調整しており、近く日程を発表するとみられる。

 

サミットでは新型コロナ感染の第1波を収束させた後の世界経済の回復に向けた取り組みなどを議論する見通しだ。

 

*****

 

日本は未だに独立国ではなく

 

アメリカの完全な子分の位置にあり

 

それをやめよう

 

という人たちがいますが

 

現状では無理なので

 

アメリカとどう付き合うかが問題です。

 

安倍ちゃんはトランプとはうまくやっている

 

と思っている人がいますが

 

実はうまくなんか言ってなくて

 

日本にはアメリカ大使がいない

 

という事実からかなり嫌われている様です。

 

従って、安倍ちゃんはなんとか

 

トランプとうまくやらないと

 

自分の命どころか

 

国益も失うので必死ですが

 

その弱みにつけ込んで

 

中国(DS)の言いなりになっている者が

 

跳梁跋扈していつの間にか

 

医科歯科大学の様な末端の大学までが

 

支配下になっているのですから

 

日本中そうなのだろうと思います。

 

そんな世の中がバカらしくなり

 

どうでも良くなって

 

選挙にも行かない人が大量にいて

 

投票率が30%くらいにも落ち込むと

 

お年寄りの好きな赤デミーとか

 

テレビ芸人の人が選挙で当選して

 

さらに政治がアホらしくなり

 

という悪循環の日本ですが

 

ある日突然、クーデターが起こり

 

占領憲法をトランプを巻き込んで放棄させ

 

核武装をし

 

中国の偽装漁船が尖閣を占拠しようとしたら

 

即座に撃沈し

 

ロシア戦闘機が北海道上空に侵入したら

 

即時レーザービームで撃墜する様な

 

日本人が日本人の誇りを取り戻す

 

そんな日が来ることを期待して

 

ヤマザキ先生は飛騨の山奥で

 

ひっそり生きています。

 

ということで今日も頑張ろう!

 

JUGEMテーマ:スピリッチュアル

| 高山市の日常 | 11:24 | comments(0) |
コメント
コメントする