女優・歌手の宮城まり子さん死去 ねむの木学園長、93歳 | 緑の日記 Leica365
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
検索
このブログ内の検索
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site


日本にただ一人のアメリカンスーパーデンティストNorman Yamazaki, DDS.が綴るスピ系飛騨高山の日々。
<< 新型コロナウィルスが疑われる患者がきたらCTを撮影し、その結果によりアブガン投与か否かを決める方法はナイス! | TOP | 何度でも言いますが、東京オリンピックはない、というのが高山のシャーマンの予言 >>
女優・歌手の宮城まり子さん死去 ねむの木学園長、93歳

帝国ホテル,ショートケーキ

帝国ホテルのチキンピラフ D-lux7

 

歯科ユニットの販売、修理、お悩み解決は

 

晴れの高山です。

 

こんなニュースがありました。

 

*****

女優・歌手の宮城まり子さん死去 ねむの木学園長、93歳

2020年03月23日10時43分

 障害児福祉施設「ねむの木学園」の園長で歌手の宮城まり子(みやぎ・まりこ、本名本目真理子=ほんめ・まりこ)さんが21日、悪性リンパ腫のため、東京都内の病院で死去した。93歳だった。大田区出身。自宅は世田谷区。葬儀は27日に学園内で子供と職員のみで行う。28日以降、学園内で献花を受け付ける予定。
歌手デビューし、1955年に「ガード下の靴みがき」などがヒット。女優としても活躍した。

 

 舞台で脳性まひの子供を演じたのをきっかけに、68年に静岡県浜岡町(現御前崎市)に肢体不自由児養護施設「ねむの木学園」を設立し、園長に就任した。79年「ねむの木養護学校」を開設。小中学部と高等部で絵画やダンスなど障害児の感性発達を重視した教育に取り組んだ。97年掛川市に全面移転し、福祉の里「ねむの木村」をつくった。
学園には上皇ご夫妻も視察に訪れられたことがあり、学園の子供を撮った記録映画「ねむの木の詩(うた)」(74年)などは多くの賞を受けた。
作家の故・吉行淳之介さんとは長く交際し、学園経営に助力を得た。2012年瑞宝小綬章。

 

*****

宮城まり子さんは美智子様と

 

仲の良い人であったそうで

 

その理由がヤマザキ先生的には

 

大きな謎であったのですが

 

でれでれ草さんのブログを見たら

 

答えらしきものがあり

 

ヤマザキ先生的にはそれで納得しました。

 

でれでれ草さんのブログ<<<info click

 

カリスマ的な人物が築き上げたものは

 

その人の死で滅びるのが常であり

 

その残骸は東京上野の

 

谷中霊園や寛永寺墓地に行くと

 

大きな墓が荒れたまま

 

残されていることがあるのですが

 

そのほとんどが新教宗教の教祖で

 

若き日のヤマザキ先生は

 

色々と考えたことがありました。

 

昨日までが春休みの診療ラッシュで

 

その後、高山グリーンホテルの

 

誕生日会に出席して

 

かなり疲労したので

 

今日はのんびりしています。

 

ということで今日も頑張ろう!

 

JUGEMテーマ:スピリッチュアル

| 高山市の日常 | 14:20 | comments(0) |
コメント
コメントする