GVDBO Hollenback Memorial Prize Recipients ホーレンバックメモリアルプライズ 受賞者 リスト | 緑の日記 Leica365
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
検索
このブログ内の検索
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site


日本にただ一人のアメリカンスーパーデンティストNorman Yamazaki, DDS.が綴るスピ系飛騨高山の日々。
<< Dr. George M. Hollenback Academy of Operative Dentistry | TOP | GVBDO 北大教授 佐野英彦を見て考える人生というのはわからないものだという山崎先生の感慨  G.V.BLACK DENTAL OFFICE >>
GVDBO Hollenback Memorial Prize Recipients ホーレンバックメモリアルプライズ 受賞者 リスト

G.V. BLACK DENTAL OFFICE, GVBDO, フラワーアレンジメント

高山グリーンホテルのフラワーアレンジメント LeicaQ

 

 

晴れの高山です。

 

昨日もちょっと話しましたが Hollenback award というのは

 

OPERATIVE DENTISTRYの分野の研究者に与えられる賞で

 

山崎先生のような臨床家には無縁の賞です。

 

アメリカの大学にはリサーチセンターと呼ばれる

 

研究者のセクションがあり

 

ここに在籍する研究者が受賞することが多いのですが

 

OPERATIVE DENTISTRYの中でも

 

臨床は苦手だけど研究は得意というような人が

 

たくさんいるので、その人たちが受賞したりします。

 

アメリカ以外の国で歯科医師になり研究者として

 

アメリカに来た人も2008年のTillyのようにいます。

 

ちなみに山崎先生の大先生であるマービン・ランド先生は

 

Hollenback Awardを受賞していませんが

 

これはランド先生は臨床家であったためです。

 

臨床家にとって最高の賞は神様から与えられるもので

 

人によって与えられるものではない

 

というのがランド先生の教えです。

 

それではやんまくん以外の過去の受賞者を見て見ましょう。

 

出典 https://academyofoperativedentistry.com/awards-special-lectures.html#2

 

Hollenback Memorial Prize Recipients

 

hollenback

 

The Hollenback Memorial Prize was established in 1975

 

as a memorial to the late George M. Hollenback

 

for his distinguished research and leadership,

 

the results of which have had so beneficial

 

an effect on improving the quality of dental practice.

 

The Prize is given for research that has contributed substantially

 

to the advancement of restorative dentistry.

 

Research of a broad range is considered,

 

spanning the investigative spectrum from fundamental to applied,

 

and encompassing all levels of investigation from

 

prevention of dental discase to development

 

of improved materials and techniques.

 

The following individuals won the Hollenback Memorial Prize:

 

1975 – Dr. Robert J. Nelsen

1976 – Dr. George C. Paffenbarger

1977 – Dr. Ralph W. Phillips

1978 – Dr. Miles R. Markley

1979 – Dr. Wilmer B. Eames

1980 – Dr. George W. Ferguson

1981 – Dr. Rafael L. Bowen

1982 – Dr. Lloyd Baum

1983 – Dr. Harold R. Stanley

1984 – Dr. Kamal Asgar

1985 – Dr. José E. Medina

1986 – Dr. Nelson W. Rupp

1987 – Dr. Gunnar Ryge

1988 – Dr. David B. Mahler

1989 – Dr. Gerald T. Charbeneau

1990 – Dr. Dennis C. Smith

1991 – Dr. Robert B. Craig

1992 – Dr. Marjorie Swartz

1993 – Dr. William V. Youdelis

1994 – Dr. Carl W. Fairhurst

1995 – Dr. Karl Leinfelder

1997 – Dr. Nobuo Nakabayashi

1998 – Dr. David Pashley

1999 – Dr. Takao Fusayama

2000 – Dr. Frederick C. Eichmiller

2001 – Dr. Richard D. Norman

2002 – Dr. Nairn H. F. Wilson

2003 – Dr. John W. Osborne

2004 – Dr. Ivar A. Mjör

2005 – Dr. Stephen C. Bayne

2006 – Dr. William H. Douglas

2007 – Dr. Guido Vanherle

2008 – Dr. Mathilde “Tilly” Peters

2009 – Dr. James B. Summitt

2010 – Dr. J. Rodway Mackert

2011 – Dr. John O. Burgess

2012 – Dr. Reinhard Hickel

2013 – Dr. Max Anderson

2014 – Dr. Edwina Kidd

2015 – Dr. Sally Marshall

2016 – Dr. Jack L. Ferracane

2017 – Dr. Fred Rueggeberg

2018 – Dr. Edward J. Swift

2019 - Dr. Hidehiko Sano(日本人では3人目)

 

米国パブリックアイビー部門1位のインディアナ大学の

 

メディカルキャンパスにある Dental School 生え抜きの山崎先生には

 

錚々たるメンバーだとわかるので血が騒ぐのですが

 

日本のガラパゴス大学網の教官には

 

全く意味のないリストなのかもしれません。

 

日本人はやんまくんを含めて3人ですが

 

他の二人が日本における接着分野のジャイアンツなのですから

 

やんまくんは大したものなのです。

 

もう亡くなった方もいらっしゃるので

 

山崎先生はこの3人のすべてにあって話したことのある

 

とても貴重な人となりました。

 

特に

 

勲二等の総山先生とは名誉教授室で二人で

 

スピ系の話を和菓子を食べながら何度もしたし

 

アメリカ歯科治療の教祖と呼ばれ

 

医科歯科の教官が全員ボイコット状態になる中

 

山崎先生の世話係をコバケンの命令ではあったが

 

真面目にしていたやんまくん

 

唯一山崎先生が飲みに行った仲なので

 

これからHollenback Awardを受賞したいと思う人は

 

山崎先生と仲良くしているとツキが回ってくるかもしれません。

 

JUGEMテーマ:歯科あれこれ

| INDIANA UNIVERSITY 歯学部 | 00:52 | comments(0) |
コメント
コメントする