GVBDO 顎関節症が発症する要因とされているのはストレスと孤独だという山崎先生の理論と解決方法 G.V.BLACK DENTAL OFFICE | 緑の日記 Leica365
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
検索
このブログ内の検索
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site


日本にただ一人のアメリカンスーパーデンティストNorman Yamazaki, DDS.が綴るスピ系飛騨高山の日々。
<< GVBDO アオサギの被害をなくすためには鳥避けのテープが有効かも G.V. BLACK DENTAL OFFICE | TOP | GVBDO Mac Book Pro 16インチ来る G.V.BLACK DENTAL OFFICE >>
GVBDO 顎関節症が発症する要因とされているのはストレスと孤独だという山崎先生の理論と解決方法 G.V.BLACK DENTAL OFFICE

 

晴れの高山です。

 

現在、医療の世界で言われているのは

 

ストレスが様々な病気の要因になっている

 

それにより自己免疫が低下し

 

発病する可能性が高い

 

しかし、ストレスを軽減するのは難しい

 

というものです。

 

山崎先生は歯科医療の中で難病中の難病とされている

 

顎関節症を過去20年以上にわたり

 

歯科治療のみで

 

治し続けている日本で唯一のDentistですが

 

その山崎先生はあることに気づいています。

 

顎関節症の場合は

 

他の病気と同じように

 

ストレスにより自己免疫が低下し

 

発症する場合もあるが

 

いい加減な歯科治療により

 

発症する場合も多い

 

また、その

 

ストレスの最大の要因は孤独

 

ということであるので

 

仲間を作ることで軽減されることが多い

 

従って、顎関節症から完全に解放されるためには

 

歯を完璧に治し、信頼できる仲間を作ること

 

が重要になる

 

ということです。

 

山崎先生がアメリカ留学を終え

 

帰朝し東京医科歯科大の講師をしていて

 

気づいたのは

 

アメリカの医療の世界では

 

仲間を作る

 

ということが重要視されているのに

 

日本ではとてもおろそかになっている

 

ということでした。

 

アメリカのキリスト教の多くは

 

それに気づいて

 

仲間を作るプログラムを

 

各地の大学に実行部隊を送り込んで

 

30年以上前からしていました。

 

究極の友達がキリストであるから

 

あなたはいつどこでも一人ではない

 

ということです。

 

その一例が今日の動画のような

 

みんなが集まって現代風の賛美歌を歌う

 

というもので山崎先生も

 

Navigatorというキリスト教の学生チームに

 

参加していたことがあります。

 

山崎先生がアメリカ留学生活で

 

楽しいことばかりの記憶しかないのは

 

このNavigatorの存在が大きいのです。

 

一般的に

 

顎関節症が発症した人の多くは

 

孤独を感じている人が多く

 

落ち込んだ時に頼ったり

 

相談できる人がいないので

 

どんどん落ち込んでしまい

 

最後は自殺に至る人もいるのは

 

スピ系のあなたもわかっていると思います。

 

キリスト教でない人でも

 

その歯止めとなるのは仲間を作る

 

友達を作るということなので

 

G.V.BLACK DENTAL OFFICEに

 

顎関節症を主訴で来た人たちには

 

治療期間の合間に

 

宗教とは関係のない

 

高山祭見学ツアーなど

 

患者同士で仲間や友達のできるような

 

状況を作り出すようになってから

 

治療結果はとても良好になっています。

 

アメリカでの学生生活が長い山崎先生なので

 

アメリカのキリスト教徒の話をしましたが

 

日本にも同行二人という言葉を生み出した

 

弘法大使空海がいて

 

山崎先生も尊く思っているのは

 

G.V.BLACK DENTAL OFFICEに来た人なら

 

みんなもう知っている事実です。

 

ということで今日も頑張ろう!

 

JUGEMテーマ:顎関節症からの復活

| 高山市の日常 | 13:59 | comments(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック