GVBDO 横綱稀勢の里の引退の原因は筋肉のマイクロファイバーの損傷 ゴルフのイップス G.V.BLACK DENTAL OFFICE | GVBDO ブログ 緑の日記 G.V.BLACK DENTAL OFFICE
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
ブログ村
Search this site


アメリカンスーパーデンティストNorman Yamazaki, DDS.が綴る飛騨高山の日々。
<< GVBDO スピ系の人にオススメな高山のホテルは「旅館かみなか」G.V.BLACK DENTAL OFFICE | TOP | GVBDO 稀勢の里は貴乃花親方がいたらこんな終わり方はしていない G.V.BLACK DENTAL OFFICE >>
GVBDO 横綱稀勢の里の引退の原因は筋肉のマイクロファイバーの損傷 ゴルフのイップス G.V.BLACK DENTAL OFFICE

窓の氷 Leica D-lux7

 

横綱稀勢の里が引退しました。

 

横綱になってからは一度勝ち越しただけで

 

全く成績も残すことができず無残です。

 

この原因は横綱になる前の日馬富士との一番で

 

左腕を負傷したことです。

 

怪我は治っても力が入らない状況になり

 

手に力が入らなければ相撲は取れません。

 

結局、横綱になってからは得意の左四つになっても

 

負けてしまうということが続き

 

引退ということになりましたが

 

筋肉には感じる神経と、動かす神経の2つがあり

 

その末端がマイクロファイバーと呼ばれる繊維で

 

運動選手はこのマイクロファイバーに傷がつくと

 

選手生命はどんどん短くなるのですが

 

日本にはマイクロファイバーを治せる医者は

 

ほとんどいないので稀勢の里の引退は仕方がないのです。

 

ちなみにゴルフでイップスというパターで

 

凍りついてしまう病気がありますが

 

これもマイクロフィアバーの損傷が原因であり

 

メンタルを鍛えなくても

 

治る方法はあることを知っておくと

 

今後のためになる人は多いかもしれません。

 

今日はフランスに長期滞在していた人が

 

治療にいらっしゃいます。

 

ということで今日も頑張ろう!

 

JUGEMテーマ:相撲

| 高山市の日常 | 12:04 | comments(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://midorigvbdo.jugem.jp/trackback/2667
トラックバック