貴乃花部屋の試練は神様のふるい落とし・ヒマラヤユキノシタの咲く飛騨高山 | ブログ 緑の日記 Leica SL ライカSL Leica CL ライカCL LeicaQ ライカQ Leica M ライカM
慢性的な痛みのある歯をアメリカ歯科標準治療で完治させるだけでなく、二度と歯では悩まない治療を提供しているDentistの1日をライカのカメラで撮影した画像とスピ系のコメントで紹介するブログ
Calendar
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

NewEntry
Comment
Category
Archives
Links
Profile
Mobile
qrcode
ブログ村
Other


貴乃花部屋の試練は神様のふるい落とし・ヒマラヤユキノシタの咲く飛騨高山

G.V. BLACK DENTAL OFFICE, GVBDO

 

おはようございます。 

 

雨の高山です。   

 

画像は庭のヒマラヤユキノシタの様子です。

 

山崎先生が小学生の頃

 

ヒマラヤユキノシタは珍しい植物であったので

 

通信販売で新潟の業者から買い

 

庭に植えた記憶があります。

 

今はどこにでもある感じです。

 

 

貴乃花部屋がとうとう

 

ある人たちの標的になり

 

日々の嫌がらせはもとより

 

相手の足が出ているのに

 

あれは死に体だから問題ない

 

などと勝敗にまで

 

横槍を入れられ

 

積もりつのった鬱憤で

 

気の短い双子の兄貴が切れ

 

呼び出しに嵌められた

 

兄弟子の西龍を殴ってしまいましたが

 

西龍が自分も悪いと言って認めているのに

 

なぜが暴力は問題だ!

 

とマスコミは大合唱し

 

その割に裁判になっている

 

暴力事件は和解したからと

 

殴っていた加害者は出場しても

 

なんのペナルティもなく

 

親方もあっさりスルー

 

大砂嵐も引退したのに

 

親方はスルー

 

他にも問題は上がっているのに

 

なんでもかんでも貴乃花以外は

 

スルーしている状況を見て

 

もう相撲はいいや

 

気分が悪くなる

 

と思っているのがアントニオですが

 

そうなると

 

大相撲協会は貴乃花を追い出して

 

八百長をうやむやにできたと

 

みんな大喜びする頃には

 

また大相撲は廃れて

 

横綱戦に懸賞もかからなくなる日が来て

 

自分たちの部屋は存続さえ

 

危うくなるという現実があるのに

 

それが見えないというのですから

 

マジでダメな集団なのかもしれません。

 

貴景勝はストレスで

 

神経系がおかしくなって

 

ぶちかますと脳震盪を起こす

 

というのですから

 

勝ち越しは無理でしょう。

 

貴乃花は自律神経失調症だと言うし

 

満身創痍の貴乃花部屋ですが

 

スピ系のあなたには分かっているでしょうが

 

これは神様のふるい落とし

 

であって、

 

貴乃花の周りにいる悪い人を

 

どんどん減らしているという

 

そういう行為ですから

 

山崎先生はどうなるのか黙って見ています。

 

今日は東京から治療にいらっしゃいます。

 

ということで今日もがんばろう!      

 

↓良ければ応援クリックよろしくお願いします。

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 

 

バナー表示されない方はこちら(人気ブログ村)をおねがいします。

 

日本で一番まじめな歯医者さんに読まれている歯科ブログかも↓

 

おすすめ!高山のお天気カメラライブビュー<<<info click!

 

接着ブリッジ,前歯,削らない,最小限,インプラント,メタボン,画像, GVBDO,G.V. BLACK DENTAL OFFICE



↓歯で悩んでいる人に朗報

*30分でわかる全歯科治療の真実*

真実さえわかれば

もう歯医者さん選びで迷わなくなる!


だから

もう歯では悩まなくなる!

そしたら

肉体的にも精神的にも元気になる

それを20年以上にもわたり

実際の治療現場で証明し続けている

Norman Yamazaki, DDS.


が日本国民のために書き下ろした名著

動画で見る

アメリカ歯科標準治療入門書「ほんとうの治療」内容門書<<<info click

JUGEMテーマ:高山・飛騨路

| 高山市の日常 | 19:18 | - |
http://midorigvbdo.jugem.jp/trackback/2575