初診から17年目のMasaの様子・インプラントなど必要ない!という証明 | GVBDO ブログ 緑の日記 G.V.BLACK DENTAL OFFICE
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
ブログ村
Search this site


アメリカンスーパーデンティストNorman Yamazaki, DDS.が綴る飛騨高山の日々。
<< ハイブリッドしゃくやく オリエンタルゴールドが満開の気温30度の高山市 | TOP | 高山市商工会青年部の年会費はたったの4万2000円!有望な人材よ来れ! >>
初診から17年目のMasaの様子・インプラントなど必要ない!という証明

June 01, 2014

Masa 初診から17年が経過

MasaはProphyでした。

初診から約17月が経過しました。

06/01/14 Prophy直後の様子↑

Masaは山崎先生と同じ世代で

G.V. BLACK DENTAL OFFICEの初診に来た時は

30代でしたが、今は50代になっています。

初診時では前歯が3本抜歯されており

奥歯も2本抜かれていました。

当時でも、日本の歯医者さんは

インプラントを勧めていましたが

アメリカ歯科標準治療の修復治療には

インプラントという文字はありませんから

ブリッジの治療をしました。

それから17年が経過しましたが

ブリッジは全く問題なく機能しています。

Masaにとって大きな問題としては

#31のAmalgamが2回ほど欠けたことが

ありますが簡単な修理で終了しています。

そんなMasaがProphy前の近況報告で

気になることを言ってきました。

*****

GVBDO
山崎先生

前回のProphyから今日までの歯の調子ですが、

最近になってフロス後奥歯周辺から

出血することがあって心配しています。

水でうがいするとすぐ止まるので部位は特定できません。

ホワイトニングはちゃんとできていません。

今回のProphy後仕切り直します。すみません。

身辺ではいろいろチャレンジしたことがあり、

また新しいチャレンジも見えてきているので、

報告したら先生はきっと驚かれることと思います。

では、日曜日にお会いできることを楽しみにしています。

Masa

*****

結局、何が問題であったかというと

奥歯の出血は、食いしばりがひどく

#31の周りの歯茎が炎症を起こしていたのが原因。

従って咬合調整をして問題は解決。

ただし、ストレスが起因した免疫力低下に寄る

全体の歯茎の炎症もあるので

こちらはNGとホワイトニングで対応。

というのが山崎先生の診断と治療でした。

Masaのように50代になると

歯周病は一気に進むので

最低でも6ヶ月に一度のProphyをしないと

さすがの山崎先生でも

歯を無傷で維持することはできません。

治療の後のカウンセリングで聞いた

Masaのサプライズは

非常にサプライズで

ルーシーのロシア転勤にも匹敵する

大事件でした。

これでは免疫力は低下する

と山崎先生でさえ思ったお話は

明日お話します。


接着ブリッジ,前歯,削らない,最小限,インプラント,メタボン,画像, GVBDO,G.V. BLACK DENTAL OFFICE

↓歯で悩んでいる人に朗報

*30分でわかる全歯科治療の真実*

真実さえわかれば

もう歯医者さん選びで迷わなくなる!

だから

もう歯では悩まなくなる!

そしたら

肉体的にも精神的にも元気になる

それを20年以上にもわたり

実際の治療現場で証明し続けている

Norman Yamazaki, DDS.

が日本国民のために書き下ろした名著

動画で見る

アメリカ歯科標準治療入門書


| インプラント不要の治療 | 21:00 | comments(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://midorigvbdo.jugem.jp/trackback/1735
トラックバック