鎮魂の日2 #taiwn #butan #leicaD-LUX6 #leica #takayama | 緑の日記 Leica365
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
検索
このブログ内の検索
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site


日本にただ一人のアメリカンスーパーデンティストNorman Yamazaki, DDS.が綴るスピ系飛騨高山の日々。
<< 1年で終わる前歯のない人の歯列矯正・275日目 | TOP | 鎮魂の日 #taiwn #butan #leicaD-LUX6 #leica #takayama >>
鎮魂の日2 #taiwn #butan #leicaD-LUX6 #leica #takayama
↑から続く

震災直後の世界各国の救助隊・支援状況
 
アメリカ 空母派遣 援助隊140人 救助犬10頭以上 救援用機材約150トン分

ニュージーランド 援助隊54人 救助犬

オーストラリア 救助隊72人 救助犬

ドイツ・スイス 援助隊70人 救助犬

イギリス 援助隊63人 救助犬2

フランス 援助隊30

タイ 援助隊24人 救助犬6頭 義援金1400万円

トルコ 援助隊3チーム

シンガポール 援助隊5人 救助犬5

ロシア 天然ガス15万トン 救援隊200人待機

中共 援助隊10人 義援金1000万円

アフガニスタン 義援金400万円

(激戦中にもかかわらず「アフガン復興を支援してきた

日本に対し、

市民を代表して地震と津波の被災者を支援したい」)

台湾 義援金28千万円 救援隊待機

(最も早く支援を表明し、

これだけの巨額の支援にもかかわらず

全くと言うほど報道されず)

韓国 犬2援助5 義援金0

(救援隊ではなく、自国民の安否確認のための日本視察。

マスコミは「一番乗り」と大々的に報道)
 
 
震災の海外からの支援 最も印象に残る国は米・台・ブータン 

東日本大震災の義援金で、台湾がケタ違いの250億円を寄付してくれたことは、友好国のありがたさを当時日本人に実感させてくれた。「トモダチ作戦」のアメリカなどとともに、台湾に対してネット上では多数の感謝の言葉が書き込まれた。 

そこで、震災からまもなく2年が経とうとしている9日、「海外からの震災支援で、もっとも印象に残っている国はどこですか?」と質問した。結果は以下の通り。 

・アメリカ:30.6% 
台湾:25.7% 
・中国:1.1% 
・韓国:1.3% 
・ブータン:6.0% 
・ロシア:0.3% 
・フランス:1.5% 
・その他:2.7% 
・特に印象に残っている国はない:26.6%
 
(リサーチパネル調べ、3万4526人が対象) 
http://shunkan-news.com/archives/5046
 
   
民主党政権は、2位の台湾、

3位のブータンに対して

非礼な行為をしました。
 

台湾
 
2011年3月11日の大震災発生直後に

台湾は、日本に対して救援隊員派遣の用意

を表明していました。
 
しかし、菅民主党政権は被災者の

人命救助よりも、中共への配慮を優先した

ために、台湾の救援隊は丸2日も

待機を強いられ、14日に到着しました。
 
そして菅政権は、中共と韓国の救援隊だけを

外務副大臣が出迎えるという、

国賓待遇のような扱いをしました。
 
日本政府は、東日本大震災から

1か月になる4月11日に、

米・英・中・韓・ロシア・フランスの

主要紙に、支援を感謝する

菅首相のメッセージ「絆 Kizuna - 

the bonds of friendship」を掲載しました。
 
台湾から寄せられた義援金は各国の中でも
 
群を抜いていましたが、

菅政権は中共への配慮を優先して、

台湾紙には感謝メッセージを

掲載しませんでした。
 
 
 


菅直人が中共に媚び続け、

台湾を冷遇したことを、

菅内閣で財務大臣だった

野田首相が引き継ぎました。
 
台湾から寄せられた義援金は、

各国最多の約200億円でした。
 

 


2012年3月11日、政府主催の

東日本大震災追悼式に参列した台湾代表には

、外交団として献花する機会が与えられず、

座席は企業・団体関係者と同じ2階席でした。
 
 
*****

山崎先生のように毎日忙しく

新聞もテレビも見る時間がない人は

世間の動向に疎くなりがちで

国会議員やマスコミが偏向して

日本を破壊しようと画策していても

おそらくその日が来るまで

気づかないでしょう。

ネット社会になり

必要な情報を手軽に探し出せる

ようになって近藤滋彦・民主主義社の警鐘のような

ためになるブログに出会ったのは幸いでした。

G.V.BLACK DENTAL OFFICEファンの人々も

このブログを見て日本の歩む道を

誤らせないようにしたいものです。

多くの尊い命が身まかった日に合掌。
| 東日本大震災 | 15:24 | comments(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック