鎮魂の日 #taiwn #butan #leicaD-LUX6 #leica #takayama | 緑の日記 Leica365
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
検索
このブログ内の検索
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site


日本にただ一人のアメリカンスーパーデンティストNorman Yamazaki, DDS.が綴るスピ系飛騨高山の日々。
<< 鎮魂の日2 #taiwn #butan #leicaD-LUX6 #leica #takayama | TOP | 黄砂飛ぶ高山市ですが黄砂ではないとする気象庁 #黄砂 #leica >>
鎮魂の日 #taiwn #butan #leicaD-LUX6 #leica #takayama


こんにちは。

高山はやや肌寒い晴れの日です。

東日本大震災から今日で丸2年が過ぎました。

山崎先生にとっても

この大震災がなければ

高山市には疎開していないわけですから

非常に感慨深いものがあり、

国分寺にお参りしてきました↑。

さて、山崎先生はなんとか落ち着いて

治療をすることができるように

なりましたが、肝心の東北は

全く復興が進んでいないようです。

山崎先生的には

その地域が必要な金額を出してきたら

まず半分わたして

住居とライフラインの復興を

最重点に着手させる

という方法を取れば良い

と思っています。

とにかく住む場所を確保しなければ

人間は文化的な生活を維持できません。

なんでそんなことが

国会議員に思いつかないのかと

思っていたら次のような

ブログ記事があったので

さすがの山崎先生も

マスコミと国会議員には

呆れました。

*****


東日本大震災から2年 死者1万5,881人、行方不明者2,668人 

東日本大震災から11日で2年となる。被災地では、現在も2,600人以上が行方不明のままで、発見された遺体のうち、131人はいまだに身元が判明していない。 

警察庁によると、東日本大震災による死者は、3月8日現在で1万5,881人、行方不明者は2,668人となっている。 

岩手・宮城・福島の各県で発見された遺体のうち、131人の身元は、現在もわかっていない。 

また、避難生活を余儀なくされている人は、2月7日現在で、およそ31万5,000人にのぼり、避難生活中に、体調の悪化や自殺などで亡くなった震災関連死も、2012年9月までに2,303人となっている。 
2013.3.11フジテレビ系(FNN)
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20130311-00000970-fnn-
 
東日本大震災発生より2年となりましたが、

被災地の復興が遅れているのは、

民主党政権が原因です。

 
民主党政権のもと、

民主党議員は保身と権力争いに奔走し

、官僚組織の硬直化を招きました。
 

それが被災自治体の手足を縛り、

初動を遅らせ、震災発生当時の菅首相を起点と

する「負の連鎖」といえます。
 
昨年末の政権交代後、安倍晋三首相は、

強い権限を持つ「福島復興再生総局」を

新設しました。
 
復興庁の司令塔機能の強化、

現地采配の効果が表れるのは

これからですが、復興に

取り組む意思と実行力を示し、

被災者が前を向く環境に変えました。
 
 

マスコミは東日本大震災発生の翌日、

2011年3月12日に、

韓国救助隊(先遣隊)の隊員5名・

救助犬2匹が日本に一番乗りと
 
大々的に報道しました。
 
しかし、韓国が日本に

一番乗りという報道は

事実ではありません。
 
すでに3月12日には、

米軍が活動をしていました。
 
また、ニュージーランド地震でも

活動したシンガポール隊も、

捜索の専門家5名・救助犬5匹で

日本に駆けつけていました。
 
在韓日本大使館は東日本大震災から

1年となる前、2012年3月9日付の

韓国紙、中央日報、朝鮮日報、東亜日報に

「最初に温かい手を差し伸べてくれた

韓国国民の皆さんを日本国民は永遠に

忘れない」と謝意を表す広告を掲載しました。
 
しかし、震災直後に世界各国の救助隊は、

韓国とは比べられないほどの体制で支援を

しており、また、自国のほうが大変な

状況だと考えられる国からも

支援がされていました。
 

↓へ続く
| 東日本大震災 | 15:33 | comments(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック