矯正と神経の治療の関係 | 緑の日記・ライカQ & Leica M 写真BLOG
顎関節症をアメリカ歯科標準治療の歯列矯正で完治させているG.V. BLACK DENTAL OFFICEの1日をライカのカメラで撮影し紹介するブログ
Calendar
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

NewEntry
Comment
Category
Archives
Links
Profile
Mobile
qrcode
ブログ村
Other


正しい神経の治療を受けないと矯正をやる人はもちろん、普通の人も痛くなる理由・画像レントゲン写真
| 矯正と神経の治療の関係 | 08:51 | comments(0) |
歯列矯正と神経の治療の関係・治療方法の詳細・画像写真
 Sandy下稲荷嶽駒 #3 RCT 1

Sandy下稲荷嶽駒は#3 RCTの開始でした。

修復治療ですからラバーダムは必須になります。

この#3は多くの問題を抱えており

Sandy下稲荷嶽駒の歯の中でも最も

醜い形をしています↓。

、美意識が欠如している

レベルの低い治療をする歯医者さんが

行った治療ですから

#3を削った時に、何かの拍子で

#4もえぐるように削ってしまったために

大きなくぼみができています。

このくぼみを治そうとしても

治しようがないので

現時点では現状維持で行くしかありません。

ホケンのパラを除去した様子です↓。

虫歯を防ぐことの出来ない

レジンがコアとして詰められています。

従って、ラバーダムなしの根治であることから

歯の中は虫歯の大爆発

ということになります。

レジンコアを除去すると

異臭がし始めました↓。

アメリカではもう使われなくなった

ホルマリンを主成分としたホルモクレゾール(FC)

の臭いです。

長時間嗅いでいると頭がくらくらするので

発ガン性があるというのも

うなずける薬品です。

アメリカでは使われなくなった薬品を

アメリカよりも認可が厳しいとされる

日本でなぜ使われているのかは謎ですが

日本ではどこでも使われているので

神経の再治療をすることの多い

山崎先生はむせて咳き込んだりするので

非常に困っています。

とはいえSandy下稲荷嶽駒の#3 RCT

1回目のアポは無事に終了しました。

このRCTの経過は最終日に

まとめて公開します。

重度の歯周病,歯列矯正,総入れ歯,名医,インプラント,しない,代替治療,画像,症例,GVBDO,G.V. BLACK DENTAL OFFICE

修復治療二日目 投稿者:Sandy下稲荷嶽駒

投稿日:2012年11月 7日(水)21時31分12秒

今日は#3のコアリムーブ、RCTでした。

3本の根のうち一番太いものは根尖病巣まで

たどり着き、薬を入れてもらいました。

他の2本の根は石灰化していたようです。

治療が長く大変でしたが、

リラックスするよう努めました。

カウンセリングではNobuさんと一緒でした。

私の治療中に母と神社に行っていたのには驚きました。

お互い治療頑張りましょうね。

山崎先生、事務長様、今日もありがとうございました。

明日の午前と午後もよろしくお願いいたします。

JUGEMテーマ:歯科あれこれ

| 矯正と神経の治療の関係 | 23:22 | comments(0) |
1/1