前歯を抜かれた人の矯正症例 | 緑の日記・ライカQ & Leica M 写真BLOG
顎関節症をアメリカ歯科標準治療の歯列矯正で完治させているG.V. BLACK DENTAL OFFICEの1日をライカのカメラで撮影し紹介するブログ
Calendar
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

NewEntry
Comment
Category
Archives
Links
Profile
Mobile
qrcode
ブログ村
Other


前歯を抜かれた人が復活する矯正症例
 ノブ鳩ヶ谷・ 歯列矯正の調整

ノブ鳩ヶ谷は歯列矯正の調整でした。

順調です。

ノブ鳩ヶ谷はレベルの低い治療を受け

18才で前歯が2本なくなり

その後、

顎関節症になり

ひきこもりになり

鬱になり

一族のお荷物とさえも呼ばれていたが

G.V. BLACK DENTAL OFFICEで

歯列矯正を受けるために

高山に移り住んで

働くようになってからは

家族も驚くほど

元気になっている

という現在を頭に入れて

経過のブリーフです↓。

12/07/11 初診時の様子↑

初診から182日、歯列矯正開始当日の様子↑

本日の様子です↓。

初診から281日、歯列矯正開始から99日目の様子↑

今日も#7のブラケットが取れました。

その理由はノブ鳩ヶ谷が

治療を受けるための

ルールを守れないからですが

そういう人のために

アメリカ歯科標準治療では

何段階にも対応方法が用意されているので

ノブ鳩ヶ谷の歯列矯正のロードマップには

変更はありませんが

到着時間に多少の遅れがあるかもしれません。

今日のノブ鳩ヶ谷のお口の中には

近代歯列矯正の頂点にある

テクニックが集約されているのですが

今から30年前の治療をしている

日本のある地方にある国立大学の

歯列矯正の教授でも

画像を見たり

説明を聞いても理解できないと

助教の二紙屋さん(仮名)が言っていたので

仕掛けが10を越している状況は

ノブ鳩ヶ谷にも完璧にグリークなので

今日の掲示板にはどう書くのか

山崎先生は興味津々です。

重度の歯周病,歯列矯正,総入れ歯,名医,インプラント,しない,代替治療,画像,症例,GVBDO,G.V. BLACK DENTAL OFFICE

#7 投稿者:nobu鳩ヶ谷

投稿日:2012年 9月14日(金)07時51分20秒

おはようございます

朝起きたら外れてました

やっぱり自分の歯じゃないと

くっつきにくいんですね

今週の目標はしっかりIOEをやるです

下の歯を早く動かして

上の歯にぶつからないようにすることです

今日はこれから仕事です

また来週よろしくお願いいたします

ノブ鳩ヶ谷の初診時の様子↓

JUGEMテーマ:歯列矯正

| 前歯を抜かれた人の矯正症例 | 08:28 | comments(0) |
1/1