インプラント不要の治療 | 緑の日記・ライカQ & Leica M 写真BLOG
顎関節症をアメリカ歯科標準治療の歯列矯正で完治させているG.V. BLACK DENTAL OFFICEの1日をライカのカメラで撮影し紹介するブログ
Calendar
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

NewEntry
Comment
Category
Archives
Links
Profile
Mobile
qrcode
ブログ村
Other


初診から17年目のMasaの様子・インプラントなど必要ない!という証明

June 01, 2014

Masa 初診から17年が経過

MasaはProphyでした。

初診から約17月が経過しました。

06/01/14 Prophy直後の様子↑

Masaは山崎先生と同じ世代で

G.V. BLACK DENTAL OFFICEの初診に来た時は

30代でしたが、今は50代になっています。

初診時では前歯が3本抜歯されており

奥歯も2本抜かれていました。

当時でも、日本の歯医者さんは

インプラントを勧めていましたが

アメリカ歯科標準治療の修復治療には

インプラントという文字はありませんから

ブリッジの治療をしました。

それから17年が経過しましたが

ブリッジは全く問題なく機能しています。

Masaにとって大きな問題としては

#31のAmalgamが2回ほど欠けたことが

ありますが簡単な修理で終了しています。

そんなMasaがProphy前の近況報告で

気になることを言ってきました。

*****

GVBDO
山崎先生

前回のProphyから今日までの歯の調子ですが、

最近になってフロス後奥歯周辺から

出血することがあって心配しています。

水でうがいするとすぐ止まるので部位は特定できません。

ホワイトニングはちゃんとできていません。

今回のProphy後仕切り直します。すみません。

身辺ではいろいろチャレンジしたことがあり、

また新しいチャレンジも見えてきているので、

報告したら先生はきっと驚かれることと思います。

では、日曜日にお会いできることを楽しみにしています。

Masa

*****

結局、何が問題であったかというと

奥歯の出血は、食いしばりがひどく

#31の周りの歯茎が炎症を起こしていたのが原因。

従って咬合調整をして問題は解決。

ただし、ストレスが起因した免疫力低下に寄る

全体の歯茎の炎症もあるので

こちらはNGとホワイトニングで対応。

というのが山崎先生の診断と治療でした。

Masaのように50代になると

歯周病は一気に進むので

最低でも6ヶ月に一度のProphyをしないと

さすがの山崎先生でも

歯を無傷で維持することはできません。

治療の後のカウンセリングで聞いた

Masaのサプライズは

非常にサプライズで

ルーシーのロシア転勤にも匹敵する

大事件でした。

これでは免疫力は低下する

と山崎先生でさえ思ったお話は

明日お話します。


接着ブリッジ,前歯,削らない,最小限,インプラント,メタボン,画像, GVBDO,G.V. BLACK DENTAL OFFICE

↓歯で悩んでいる人に朗報

*30分でわかる全歯科治療の真実*

真実さえわかれば

もう歯医者さん選びで迷わなくなる!

だから

もう歯では悩まなくなる!

そしたら

肉体的にも精神的にも元気になる

それを20年以上にもわたり

実際の治療現場で証明し続けている

Norman Yamazaki, DDS.

が日本国民のために書き下ろした名著

動画で見る

アメリカ歯科標準治療入門書


| インプラント不要の治療 | 21:00 | comments(0) |
インプラント矯正をしなくても1年以内に終わる症例はたくさんある?
きよちゃん・ 歯列矯正の調整

きよちゃんは歯列矯正の調整でした。

順調です。

きよちゃんは顔面麻痺があるので

山崎先生ですら

限定的な口腔内写真しか

取れないことと

最近は小顔になって

本人も大体28才の頃は

こんな感じだったかも

という手応えを感じ始めている

ということを頭に入れて

初診時からの様子です↓。

03/30/12 初診時の様子↑

06/03/12

初診から65日、歯列矯正開始当日の様子↑

本日の様子です↓。

初診から155日、歯列矯正開始から92日目の様子↑

前回、オープンコイルで作った

上の前歯の隙間は

その目的を達したので

これからは閉じることに集中します。

きよちゃんの症例は

地元の歯医者さんに行ったら

インプラント歯列矯正をされたかも

という感じの症例ですが

それにしても

インプラントの流行はすさまじく

必要もないのにやりだす矯正医までもいて

学会の会場で

それって患者が痛いだけだろ!

と正論を指摘したイカシカのケンチャン(仮名)

ではありませんが

きよちゃんのケースは

インプラント歯列矯正をしなくても

間違いなく9ヶ月以内で終わるので

G.V. BLACK DENTAL OFFICEでは

開業以来、必要性を感じないので

インプラント歯列矯正をまだ

したことがありません。

重度の歯周病,歯列矯正,総入れ歯,名医,インプラント,しない,代替治療,画像,症例,GVBDO,G.V. BLACK DENTAL OFFICE

本日の天気は晴天 投稿者:きよちゃん 投稿日:2012年 9月 4日(火)23時02分1秒 返信・引用

<9月1日の治療内容>

上ワイヤー 018CuNiTi

下ワイヤー 018CuNiTi

顎間ゴムを使用すること

スピードブラケットは オープンコイル.

顎間ゴムを使用との事。

下顎が少し下がりました。

これ以上は下がらないような気がします。

数ヶ月ぶりに弟に会いました。

歯の治療のことは話してなかったのですが

簡単に納得してくれました。

虫歯菌で顔が腫れてたこと.

その菌で内臓が悪くなることなどを

短めに話しました。

早く治療をすれば良かったなあ と 言ってました。

前もって相談をしないで

いつも結果報告をするんですね。

私は。

それで よく叱られます。

驚くことには 慣れたのでしょうか?(笑)

先生.事務長様 ありがとうございます。

きよちゃんの初診時の様子↓

JUGEMテーマ:アンチエイジング

| インプラント不要の治療 | 21:36 | comments(0) |
前歯を審美歯科で削られ抜歯になったが矯正で復活しつつある症例
 ノブ鳩ヶ谷は歯列矯正の調整でした。

順調です。

ノブ鳩ヶ谷は近所の歯医者さんで

審美歯科をやるといわれ

デンタルIQがナノ以下だったため

その通りにやってもらったところ

数年後には前歯2本がなくなり、

もう2本も無惨なほどに削られ

ブリッジにされたものの

それも数週間後には外れ

G.V. BLACK DENTAL OFFICEに

来たときには前歯がない状態だった

ということを頭に入れて

経過のブリーフです↓。

12/07/11 初診時の様子↑

初診から182日、歯列矯正開始当日の様子↑

本日の様子です↓。

初診から259日、歯列矯正開始から77日目の様子↑

ノブ鳩ヶ谷は歯列矯正中は

何が起きるか分からないので

すぐに来れる距離内で働くことを決め

高山近郊のある会社に就職し

働いていますが、

もともとちゃんとした職場では

働いたことがなかったため

歯の問題に加えて、

人生の問題も多く抱えるようになりました。

G.V. BLACK DENTAL OFFICEの

症例を研究している人なら

もうわかっているように

ノブ鳩ヶ谷の歯列矯正は

時間が過ぎると完治している

というG.V. BLACK DENTAL OFFICEでは

非常に簡単な症例であるので

ノブ鳩ヶ谷はじめ

現在歯列矯正中の人たちも、

ノブ鳩ヶ谷の場合は、

治療の内容よりも

人生の問題について

興味津々となっています。

今日も、ノブ鳩ヶ谷は色々と話しましたが

私のアドバイスは

何事もプラスに考える

という月並みなものでしたが

ノブ鳩ヶ谷の周りには

そんなことさえ

思いつかない人ばかりらしく

ノブ鳩ヶ谷は非常に元気になって

カラオケボックスへ向かいました。

重度の歯周病,歯列矯正,総入れ歯,名医,インプラント,しない,代替治療,画像,症例,GVBDO,G.V. BLACK DENTAL OFFICE

No Entry.

ノブ鳩ヶ谷の初診時の様子↓

JUGEMテーマ:歯列矯正

| インプラント不要の治療 | 23:01 | comments(0) |
インプラント ブログ 費用 治療 不安 失敗 学会 歯科 料金 寿命 名医

implant

インプラント,失敗,危険,不要,治療,名医,G.V. BLACK DENTAL OFFICE, GVBDO

今、どの歯医者に行っても“インプラント”の


パンフレットが置いてあります。


おふくろも先日、近所の歯医者に説得され


“インプラント”を、500万かけて


やることになりました。


会社の同僚も奥歯が1本ダメになったので


抜いてインプラントにすることを


薦められているそうです。


しかし、まともな入れ歯もろくに作れなかった


歯医者にちゃんとできるのか不安です。


アドバイスをお願いいたします。


またインプラントが最先端でないとすると、


どんな治療が最先端なのでしょうか?


壬生基衡


インプラント,失敗,危険,不要,治療,名医,G.V. BLACK DENTAL OFFICE, GVBDO,


結論から言うとインプラントという治療は、


ハイリスクノーリターンの典型的な治療であるため


良識ある歯科医師は薦めない治療です。


かつてインプラントと言えば、高齢者が


総入れ歯が安定しないのでインプラントにして、


噛めるようにする、というものでしたが、


日本の歯医者さんは世界で一番インプラントに


熱心なので、今はどんどん若年化が進み


大きく4つの症例が発生しています。


(1)「総入れ歯」を止めてインプラントにする


(2)「部分入れ歯」を止めてインプラントにする


(3)1本の歯が抜歯になったところをインプラントにする


(4)歯列矯正で歯が動きやすくなるからと


インプラントをしてアンカーに使う


というものです。


しかし上記の4つの症例というのは、


現在ある歯科治療の技術をマスターし、


既存の治療方法を的確に行えるデンティストに


とっては


インプラントを使わなくても


簡単に治せてしまう症例


なのです。


従って、骨に穴を開けるような


人体に大きな変化をもたらし


将来において健康の保証ができない


ハイリスクな治療であるインプラントを


しようとは考えることはありません。


最近ではインプラント手術中の死亡事故も


起きるようになっています。


それにもかかわらず、なぜ日本の歯医者さんたちは


必死になってインプラントをしたがるのでしょうか?


最大の理由は、


日本の歯医者さんが


儲からない職業の一つ


になってしまったことです。


かつてはホケン診療だけやっていても


月収が何千万とあるのが当たり前でしたが、


今は年収が200万以下の人すらいるという


ワーキングポアの代表選手であり、


テレビや雑誌の特集にも登場するほどです。


患者の歯の状態は、昔に比べ良くなり、


ホケンの治療の代表であった


虫歯治療が激減


し、患者数が減っていくにもかかわらず、


歯医者さんの数は年々激増しており、


ホケン治療だけでは


自分の儲けが確保できない


という事態になり、医院経営にも影響しています。


ホケンで収入が確保できない以上、


自費で収入を確保しようとするのですが、


以前は自費の切り札であった前歯のメタボンが、


ホケンでできるレジン前装冠が流行ようになり、


最後の砦もなくなりました。


そこで、明らかに


ホケンが効かない


自費のインプラントで


収入の穴埋め


をはじめたのが10年前くらいからでしたが、


当時は、まだ多くの歯医者さんたちには、


インプラント施術後の、


予後に対する不安からためらいがありましたが、


時間の経過とともに、収入が激減しているので、


経済的にも


やらないと生きていけない!


と、みんなが一斉に患者のことはそっちのけで、


なりふり構わずに、


やっているのが現在の姿なのです。


そんな日本の歯医者さんたちに共通しているのが、


明らかに他の治療で済むような症例にさえ、


自費のインプラントをしている


という事実が、


インプラントは


歯医者さんたちが


儲けるためだけに


している歯科治療


という理由の証明になっています。


そして、歯医者の過密地帯と呼ばれるとよばれる


地域に行けば行くほど、


自称インプラントの専門医が多くなる現状が、


その理由のだめ押しをしています。


つまり日本で必死になってインプラントをしている


歯医者さんのほとんどは


自分の収入を確保するために


インプラントをしているのです。


患者のためではなく自分の収入のためなのです。


儲けるためにするのですから、


インフォームドコンセントも曖昧で、


歯科治療の中で訴訟が最も多い


インプラントの問題点を話すことはなく、


ひたすら絶賛するのです。


治療自体のレベルも低く、


術者のモラルも低いため、


前述したように、医療訴訟などの


トラブルが絶えないのも


日本の歯医者さんが行う


インプラントの特徴になっています。


勿論、日本にも自分のためでなく、


先天的に歯のない人や、


事故で多くの歯を失ってしまった人のために


インプラントをして社会貢献している


専門家も10人程度はいます。


しかしながら、


アメリカの一流と呼ばれるデンティストで


通常の歯科治療で治せるような症例に対し、


自分が儲かるからと言う理由で、


インプラントをやっている人を私は知りません。


上記の4症例が簡単に既存の治療方法で治せるという


理由は以下の通りです:


(1)「総入れ歯」の場合


総入れ歯が合わず噛めない、食べられないという


問題は、歯医者さんの技術が未熟で


ちゃんとした総入れ歯が作れないために


起こっている問題なのであるから、


その人に合った総入れ歯を作ることのできる


歯医者さんを見つけて行けば、


問題は100%解決できる。


参考:問題のない総入れ歯


(2)「部分入れ歯」の場合


部分入れ歯が合わず噛めない、


食べられないという問題は、歯医者さんの技術が


未熟でちゃんとした部分入れ歯が作れないために


起こっている問題なのであるから、


その人に合った部分入れ歯を作ることのできる


歯医者さんを見つけて行けば


問題は100%解決できる。


症例によっては歯列矯正で歯を動かして、


ブリッジにすることもできるため、


部分入れ歯にしなくても良くなる場合もある。


参考:インプラント不要の矯正1


(3)「1本の歯」の場合


インプラントなどしなくても、適切なブリッジを


作ったり、歯列矯正で抜歯されたスペースを


埋める治療を行っている歯医者さんを


見つけて行けば問題は100%解決できる。


参考:一生持つブリッジの治療


(4)歯列矯正を早く終わらせるためのインプラント


現在、G.V. BLACK DENTAL OFFICEで行っている


アメリカの歯列矯正のレベルは、ブラケットの


装着期間が1年以内で終わる症例が多く、


骨の代謝を考えた場合、


それくらいが最適であると考えられる。


インプラントをして歯列矯正をした


日本の歯医者さんたちの行った症例を数多く見たが、


G.V. BLACK DENTAL OFFICEで普通にやれば


1年以内で終わらせることが出来るような症例に、


インプラントをしたうえに、


ブラケットの装着期間が1年以上かかっている


症例が多く、そもそも


インプラントをする意味が全くない


ことが明らかである。


参考:インプラント矯正は不要


ということで、


上記の(1)〜(4)からわかるのは、


現在日本で行われているインプラントの症例は、


通常の歯科治療で解決出来る事ばかりであり、


はっきり言って


インプラントは


普通の人には必要でない治療


ということになります。


またすでに述べたことですが、


インプラントに関する


医療訴訟は急増


しており、最近は


インプラント手術中の死亡事故


も起きているハイリスクノーリターンの


危険な治療なのです。


私個人の意見は、


インプラントは先天的に歯がない人や、


事故で歯を失うことになってしまった人には


必要な治療ではあるが、


歯周病や杜撰な歯科治療で


歯を失った人には必要な治療ではない!


ということあり、なぜなら


インプラントをしなくても


悪くなったところを


治す治療方法はたくさんある!


からなのです。


そして


インプラントをしている歯医者さんたちは


そもそも通常の治療レベルが低いため、


自分の儲けの確保のためにインプラントを


始めたわけであり、


よってインプラントの治療レベルも低く、


そんな歯医者さんたちに


インプラントをされると


ますます歯で悩むようになる


ということなのです。


最後に、G.V. BLACK DENTAL OFFICEの掲示板に


よく来る、3年前までインプラントを1年に


300本以上していた斉藤歯科医師の


インプラントが全身に与える影響への


体験談を掲載します↓。


○インプラントはやるな!○


インプラントで200万とか、


5年持ったとかいう話を聞きます。


確かにNewYorkの歯科医が考えた


上顎の粘膜挙上テクニックとか有ります。


名古屋大学医学部の上田実教授の歯槽骨に


着目した歯科再生医療は良い考えです。


お金も取れるかも しれません。


しかしこれらのテクニック自体、


インプラントそのものに問題があります。


インプラントは異物を体内に


埋め込むわけですから


健康で免疫力の高い人ほど異物排除の機能が働き


長くても数年後には離脱します。


インプラントをして長年持っているという人は


持病を持っていたり、高齢の人々だったり、


免疫力が低下している人だというのも


皮肉な結果です。


インプラント専門医である歯科医が施行し


患者の口腔内の清掃状態が


何年間も良好であったとしても、


8年後には口腔外の臓器に


炎症を起こす例がかなり見られます。


また、脳溢血との関連性も


指摘されるようになっています。


インプラント専門医は歯科医であり


口腔内の知識しかもっていないために


これはおきます。


患者がどんどん移動する渋谷駅前なら


この歯科医院は大丈夫かもしれませんが、


口コミでくる住宅街では 息子の代まで持ちません。


歯の全く無い症例では


将来、健康でいられる保証のない


インプラントの4分の一の価格で、


健康に暮らせる可能性の高い


総入れ歯ができるはずです。


また、ブリッジもインプラントよりは


安くて、健康を害することのない安全な治療です。


従って、私はもう


インプラントは一切しておりません。


斉藤歯科医師 東京都開業


以上


04/20/08


Norman Yamazaki, DDS.


オリジナル「インプラントは危険な治療」


JUGEMテーマ:インプラント


| インプラント不要の治療 | 14:49 | - |
パロマ越前北ノ庄 歯列矯正 親知らず 利用 インプラントなし
 October 29, 2010


パロマ越前北ノ庄 


#32 埋伏智歯 Bracket on


パロマ越前北ノ庄は歯列矯正の調整でした。


順調です。


paloma1023107


パロマ越前北ノ庄の歯列矯正の焦点は


親知らずに移っており、


どこでどう話題になっているのかは


わかりませんが、全世界の歯科医院や


歯学部からの


アクセスが急増しています。


確かに、このようにリアルタイムで


世界の歯科医師たちが学びたいと願う


アメリカ歯科標準治療を用いて、


埋伏智歯を歯列矯正により


引っ張り出す方法を示してくれるサイトは、


世界中にひとつしかありませんから


当然と言えば当然かもしれません。


「セミナーを開いて


会費20万くらいで、歯医者を集めた方が


儲かるのではないですか?」


と利益追求主義の講演屋さんが


話しかけてきますが、


この様な治療方法を、


当たり前のように出来る歯科医師がいくらいても、


そのような治療方法があることを


患者となる一般の人々が知らなければ、


救われる人は増えないので、


私は私のやり方で、日本の歯科医療の


改革を進めるのです。


ということで、


今日は#32にブラケットが着きました↓。


paloma1023101


これだったらだれでもできるジャン!


スロットが平行ジャン!


とブラケットのスロットの位置を勘違いして、


レベルの低い歯科治療をしているハマのハイシャが


叫ぶ今日この頃ですが、


良く見るとスロットの位置は90度回転しているので


ワイヤーはこんな感じで通るのです↓。


paloma102310w


#31のスロットと#32のスロットに


ワイヤーを通そうとすると、


白い実線と点線の位置関係になり、


この写真を見ただけで、


こんなの無理ジャン!


通るわけねえジャン!


とハマではなるようですが、


G.V. BLACK DENTAL OFFICEでは、


パロマ越前北ノ庄が盛り上がっているので、


ワイヤーは通って


親知らずも所定の位置に着くのです。



[1954] 矯正25回目  投稿者:パロマ


 投稿日:2010年10月29日(金)05時32分7秒 返信


10月23日(土)


上:


◆前歯を下げるために、


・ 前歯4本をかたまりとして、


#15、#2とパワーチェーンをかけて引っ張る。


・全体にパワーチェーンをかける。


◆奥歯2本を内側に下げるために、


・#2−#5、#15−#12の裏に


パワーチェーンをかける。


◆#11犬歯を下げるために、


・#11−#14にパワーチェーンをかける。


下:


◆親知らずを立てるために、


・前回、#32の歯茎を電気メスで切ったが、


1週間で埋まってきていたので、


今回再度電気メスで切る。


・そして、#32にブラケットボンディング。


固まるのに24時間かかるので、ワイヤーは次回。


・#31を前に出すために#31−#28表、


#31−#29裏にパワーチェーンをかける。


顎間ゴム


・#2、#15と下の前歯4本のワイヤーの


フックにゴムをかける。


〈感想〉


・矯正24回目の前回、歯茎を電気メスで切ったとき、


#31との境に#31の歯の根っこが見える感じ


だったが、矯正25回目から6日目の現在、


以前よりも歯茎に隠れたような気がする。


・上のワイヤーの端が口内にあたって痛い。


歯が動いたということだろうか。


・#11犬歯と#12の隙間がなくなってきた


のでうれしい。


・奥歯と前歯は、家で言うと大黒柱のように


しっかりしていて、動いているのか?と


勘ぐりたくなるくらいの力強さだ。


・私は2月に初診、3月に抜歯、4月から矯正開始、


10月には矯正30回で終了。


を予定していた。


夏に矯正があいたので、10月最後の明日で


矯正26回目。


後4回で前歯と奥歯が終わると予定内。


その間に親知らずがメキメキと立つと、


中学生並みの免疫力となる。


ミラクルが起きるといいな。


明日矯正26回目に伺います。


よろしくお願いいたします。


参考:パロマ越前北ノ庄の「カズイスチカ」


JUGEMテーマ:歯科矯正


| インプラント不要の治療 | 22:38 | - |
1/1