歯科用品 | 緑の日記・ライカQ & Leica M 写真BLOG
顎関節症をアメリカ歯科標準治療の歯列矯正で完治させているG.V. BLACK DENTAL OFFICEの1日をライカのカメラで撮影し紹介するブログ
Calendar
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

NewEntry
Comment
Category
Archives
Links
Profile
Mobile
qrcode
ブログ村
Other


これからは歯医者さんも環境を大切にする時代・メタルトラップ
アニメ「氷菓」,千反田える,家

おはようございます。

晴れの高山です。

セリが満開です。

さて、山崎先生も50代になり

指導的立場になっているので

色々な人たちから相談を受けます。

新規開業の歯医者さんからも

相談されることがあり

医院の図面などを見ることもあります。

そんな時思うのは

日本の大学で教官をしていた人はもちろん

一般の歯科医院に勤務していた人は例外なく

忘れているというか気にも留めない重要ポイントが

いくつかあります。

その中でも、100人いたら100人が

見落としているのは

一般のレベルでは非常に関心が高い

汚染水の問題です。

歯科医院では歯の詰め物を

削り取ることが頻繁にあり

その時削った金属は

何もしないとそのまま

下水に垂れ流しとなります。

アメリカではトラップを3カ所くらいもうけ

金属は粉末くらいの大きさまでトラップし

汚染水として流れ出ないようにする

というのが常識になっています。

当然、G.V. BLACK DENTAL OFFICEも

そうなっていて

アマルガムを日常的に行っている

G.V. BLACK DENTAL OFFICEですが

東京にあった頃、

オフィスの排水を検査してもらったところ

水銀の含有量はほぼゼロで一般家庭並み

高山のオフィスでも同じような結果でした

また、このトラップを付けることで

今は価格が高騰している

レアメタルの回収も粉末レベルまで

可能になっているので

トラップの設備費用は

すぐに回収できるという

おまけまで付いています。

ただ、山崎先生の使っている設備は

高額でなかなか初期投資には厳しい

という人が多かったので

だれか安くて、簡単に取り付けられて、

簡単に使えて、安全なトラップを

作ってくれれば

日本の歯医者さんも助かるのになあ

と思っていたところ

ちゃんと作った人がいました。

詳細を見ると大変良くできていて

良い感じです。

山崎先生も近々、導入しようと思います。


環境に優しい歯科医院を目指す人は

必須のアイテムでしょう。

尚、業者は山崎先生とは

全く利害関係にはありません。

山崎先生はブログを10年以上書いていますが

歯科用品を実名で紹介するのは初めてです。

そのくらい良い商品なんですね。

ということで今日もがんばろう!

接着ブリッジ,前歯,削らない,最小限,インプラント,メタボン,画像, GVBDO,G.V. BLACK DENTAL OFFICE

↓歯で悩んでいる人に朗報

*30分でわかる全歯科治療の真実*

真実さえわかれば

もう歯医者さん選びで迷わなくなる!

だから

もう歯では悩まなくなる!

そしたら

肉体的にも精神的にも元気になる

それを20年以上にもわたり

実際の治療現場で証明し続けている

Norman Yamazaki, DDS.

が日本国民のために書き下ろした名著

動画で見る

アメリカ歯科標準治療入門書


JUGEMテーマ:ベストセラー
| 歯科用品 | 10:32 | comments(0) |
1/1